皮膚の基本的な構造と衰えのメカニズムを正しく知ることは大切

お肌のイメージ

皮膚というのは、表皮と真皮と皮下組織の三つの層でできています。さらにその下には脂肪と筋肉があって、若いかたの肌は皮膚内部の細胞分裂が盛んなことで新陳代謝が活発なので、みずみずしさが保たれています。

ですが、20歳を過ぎた辺りからその活動は衰え始めてしまい、だんだんと柔軟性と弾力性が失われていってしまいます。

とくに真皮を支えている繊維成分のコラーゲンとエラスチンは、緩んでしまうと肌が弛んでしまう原因になります。コラーゲン繊維というのはいわゆる肌を形作るための鉄骨部分で、ジョイントとなるのがエラスチンです。

これらは年齢と共に緩んでしまったり細くなって頼りなくなってしまうので、土台の弱った真皮はハリを保てなくなってしまうのです。

また、生活習慣が乱れてしまうこともたるみの原因になります。とくに食生活でコラーゲンの元になるたんぱく質不足になってしまったり、肌組織を破壊する喫煙をすると、肌にその影響が強く表れてきます。

また、角質層の細胞をつなぎ留めて水分の蒸発を防いでいるセラミドもたいへん重要な成分です。セラミドは加齢によってどんどん減少してしまうため、健康な人でも年齢とともに乾燥肌になってしまう人が多くいます。

たるみの大きな外的要因になるのが紫外線です。紫外線がコラーゲンとエラスチンを破壊してしまい、肌の弾力を失わせてしまいます。紫外線というのは波長の長さで紫外線A波とB波、C波と分けることができます。このうちの紫外線A波であるUVAが最も長い波長で、曇っていてもその雲をすり抜けて、室内にいてもガラスを通過して入ってきます。

そして肌に当たると真皮にまで達してしまい、内部のコラーゲンとエラスチンにダメージを与えてしまうのです。周囲の細胞にはメラニンが送り込まれ、皮膚に炎症を起こしてしまったり日焼けやシミやシワ、そしてたるみの原因になってしまいます。

一度たるんでしまった肌を戻すのは困難ですので、その原因になってしまう紫外線をできるだけ肌に当てない生活をするのが一番のたるみ対策になります。夏場だけではなく一年中日焼け止めを欠かさないことや、日傘や帽子を活用すること、室内にいる時も遮光カーテンなどを利用して紫外線に晒されないようにすることが有効です。

 

筋肉は年齢とともに衰えていってしまいます。顔の表情筋は直接皮膚に繋がっているので細かい表情を作ることができますが、弱まることでだんだんとその上にある皮膚と脂肪も支えられなくなっていきます。たるみを予防するためにも、表情筋を鍛えることが有効です。

そのためのトレーニング方法として、表情筋が多く集まる口周りをよく動かす方法が効果的だとされています。大きく口を開けてあ、い、う、え、おと5秒間ずつ程度大げさに動かす運動を、1日に5回から10回程度繰り返すだけで筋肉が刺激されます。

声を出す必要はありませんから、テレビを見ながら、お風呂に入りながらといったちょっとした時間に続けていくことで鍛えることが可能です。

表情筋を動かすことで新陳代謝も活性化して顔痩せ効果期待することができますし、コラーゲンやエラスチン、また肌の細胞と細胞を繋ぎ合わせているヒアルロン酸などを作り出すための組織にも働きかけることができますので、たるみの解消とハリツヤの向上で肌全体を若返らせることができます。

One Comment
  1. Mr WordPress

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*