ポリフェノール大全|身体への作用メカニズムと詳しい効果

大豆

ポリフェノールとは、動物には存在せず、植物でしか生成できない成分のことで、その数は約5000種類とも言われています。5000種類それぞれ違う名前が付いているのですが、その総称がポリフェノールです。

代表的なところでいえば、蕎麦に含まれるルチン、大豆のイソフラボン、お茶などに含まれるタンニン、ブルーベリーに含まれるアントシアニンなどもポリフェノールの1種です。

このほかにも、様々な植物に由来するポリフェノールがありますが、そのすべてに共通するのは、植物が光合成するときに合成される成分であるということです。

ポリフェノールは植物の体内で、糖が一部変化したもので、葉っぱ、実、木の皮など、その植物によって含まれている場所が異なります。

体にいいモノとして聞かれるようになりましたが、もともとは植物自体に必要な栄養素のひとつで、植物の色を決めたり、にがっ実の原因で合ったりするモノで、植物細胞の生成や活性化に用いられます。

約5000種類も有るポリフェノールに共通しているのが抗酸化作用と殺菌作用です。この両者が、人間肌には効果的に作用してくれるのです。

まず抗酸化作用は、体内で発生してしまう活性酸素の抑制に役立つと言われます。この活性酸素は、シミ、ニキビ、お肌の老化の原因となると考えられており、それが体内に摂取されるのを抑制してくれるのがポリフェノールなのです。

また、活性酸素は悪玉コレステロールを抑制する働きも有り、血液をサラサラにして、血流を改善してくれることにより、新陳代謝を促し、肌の細胞の活性化にも効果があると言われています。

肌の細胞を活性化させることで、肌を元気に保つことにも繋がり、皮脂のバランスを整え、乾燥肌の防止に役立ち、肌のアンチエイジングに効果を発揮します。

次に殺菌作用ですが、日々の生活でどうしても積み重なってしまうストレスや睡眠不足による肌荒れ、ニキビを抑制し、肌を健康な状態で維持することに効果を発揮してくれます。

5000種類も有るポリフェノールですが、身近な食材に多く含まれていますので、その植物と効果を紹介します。

赤ワイン

まず有名なところでは赤ワインです。正式には、赤ワインの原料となるブドウに含まれるのですが、毎日コップ1杯の赤ワインを飲用することで、十分な効果が得られ、動脈硬化良くなどにも効果があると言われています。

ポリフェノールというのは総称なので、赤ワインには、タンニン、カテキン、フラボノイドなど人間にとって有益なポリフェノールが6種類も含まれていると言われています。お酒が飲めない人には赤ぶどうのジュースでも良いです。

赤ワインのほかにポリフェノールを豊富に含む食材として、飲み物であればお茶やコーヒー、野菜であれば春菊やレンコン、果物はバナナやブルーベリー、番外としてカカオ(チョコレート)などが代表的なものとして挙げられます。

中でもお茶に含まれるポリフェノールは体に吸収されるのが、とても早いことが特徴なので、毎朝最初にお茶を飲むことは良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*