話題のニュー成分「プロテオグリカン」の驚異の保湿力について

プロテオグリカンは多くの機能を持つ生体成分で、内蔵や脳、皮膚などの体の組織にもともと持っているもので、関節軟骨の主成分でもあります。

膝の関節の成分と言えばグルコサミンやコンドロイチンが有名ですが、実はその2つもプロテオグリカンを構成する一部でしかないのです。

プロテオグリカンは人間以外の動物も保有する成分で、1970年代からその成分や存在が専門家の間で知られていくようになります。

しかし成分の抽出が難しいため、一般に知られることはありませんでした。

その後2000年代に入り、弘前大学の高垣教授が鮭の鼻軟骨からプロテオグリカンを抽出する方法を発見。これにより化粧品や食品等にプロテオグリカンを使用する方法が急速に確立していきました。

プロテオグリカンは膝の関節の重要な成分であることからも分かるように、膝の柔軟性を維持する役目を果たしたり、肌の真皮層にも存在し、ヒアルロン酸やコラーゲンと同様に優れた保水効果の作用があります。

プロテオグリカンの特徴は何といっても保水力の高さです。

保水力の高さで知られる成分としてはヒアルロン酸も有名ですよね。ヒアルロン酸もプロテオグリカンと同様、関節や皮膚の真皮層に存在する成分。

両者には違いがあるのでしょうか。

まずプロテオグリカンはヒアルロン酸より1.3倍の保水力あると判明しています。

これだけでもその保湿効果の高さが分かりますが、肌内部への浸透にも大きな違いがあります。

ヒアルロン酸は分子量が大きいので、肌の表面から内部への浸透に関しての効果は薄いと言われています。表面に留まっている間は保湿力が高くても、内側から潤わせたい場合は注射といった方法を取ることがおおいですよね。

対してプロテオグリカンはヒアルロン酸より分子量が小さいので浸透性が高く、肌の内部まで浸透しやすいという特性があります。

またターンオーバーを促す作用もあり、さらにはヒアルロン酸と違い経口摂取での効果も高いのです。

塗布と経口摂取で保湿効果が高い点は、手軽に保湿効果が期待できるので、消費者にとっても大きなメリットになります。今後プロテオグリカン成分が配合された商品が増えていきそうですね。

高い保湿力だけでなく、ターンオーバー促進作用や抗炎症作用まで期待出来るプロテオグリカン。

その優れた効能を利用したアンチエイジング商品は既に芸能人やモデルにも愛用されています。

代表的な商品をいくつか挙げてみましょう。

■PG2ピュアエッセンス

プロテオグリカン原液100%の無添加美容液。
そのまま使用するだけでなく、他の化粧品と混ぜて使用することも可能です。

■テルヴィス アクアプロテオ モイスチュアジェル

プロテオグリカンの他にも、プラセンタ・ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチン・セラミド等を配合しており、洗顔後はこれ一本でもOKです。

■ナチュラルエレメンツ バランシングゲル

オールインワン化粧品にもプロテオグリカンが使用されています。こちらの商品は@コスメでオールインワン部門の1位に輝いた実績もあります。

この他にプロテオグリカンのサプリメントも多数販売されています。関節痛の効能をメインにしたものだけでなく、保湿効果を高める美容サプリの人気も高まっています。