誰でもリスクがある敏感肌の悩み|食事面での改善方法は?

弱いお肌に悩む女性

今まで普通肌だったのに急に敏感肌になってしまうという経験を持っている女性は意外に多いようです。

敏感肌になってしまう主な原因として考えられるのは女性ホルモンのアンバランスや免疫力の低下などにより、今まで特に反応が起きなかった物質に対して皮膚が急に反応を起こしてしまう事により、敏感肌を引き起こしてしまう事が挙げられます。

こういったホルモン量や免疫力の低下というのは女性の場合特に妊娠中や出産後、生理の前後などに起きやすい事が分かっています。

言い換えればこの時期が敏感肌を引き起こすかもしれないよう注意時期だという事なのです。

また他の原因として、春先など花粉症や鼻炎アレルギーなどを起こしやすい季節も要注意です。これは花粉などの外部からの刺激によって粘膜の免疫組織が攻撃されて刺激をうけることで体がそれに対して防御反応としてのリアクションを起こしてしまうのです。

これが敏感肌という形で出現することになります。

■敏感肌体質を根本から変えるのは難しい

一旦敏感肌体質になってしまうと、なかなかその皮膚体質は変わることはありません。

ですから日頃のスキンケアに気を使うことが敏感肌を上手にコントロールするために必要になってきます。その際の化粧品選びですが、まず敏感肌に対応している製品を選ぶことがとても重要です。

敏感肌の場合には、特にスキンケア製品に含まれていることが多い防腐剤、香料、着色料といった皮膚にとっては有害とも考えられる添加物に対して反応を起こすことが知られているので、こういった物質が添加されていない、つまり無添加のものを選ぶようにしましょう。

最近では、いわゆるナチュラル成分を謳ったスキンケアラインは色々なブランドから多種多様のものが、数多く市場に出回っているようですが、その中でも特に低刺激性のものを選ぶようにしましょう。

さらに言えば、原材料にオーガニック素材を使用しているものを選ぶとさらにお肌にも優しいので毎日のお肌のケアにも安心して使用することが出来ます。

食事面で気をつけることは

敏感肌体質は、体に取り入れる食品で少しずつ体質改善をしていき症状を改善していくことは可能です。

敏感肌の人はアトピーなどのアレルギー体質も併せ持っているケースが非常に多いので、アレルギー対策に良い食品を摂ることが同時に敏感肌を改善することに効果があると考えられています。

ですから、野菜をしっかりとりながら、あとはマヨネーズやバター、肉の脂身など脂質を多く含んでいる食品をなるべく取りすぎないようにしましょう。

また米やパン、うどん、パスタなどの炭水化物も、敏感肌やアレルギー体質の人が摂り過ぎるとアレルゲンとなりうるので注意が必要なのです。

よって、敏感肌の改善につながりやすい食べ物は、ビタミンをバランス良く含んでいる野菜類、果物、豚肉を中心に、体内のアレルゲンをまとめて排出してくれる働きがある高繊維質である根菜類などを多く摂るようにしましょう。

こういった食べ物による敏感肌の体質改善はすぐには効果が現れませんが、毎日少しずつでも続けていると徐々に改善の効果が現れてくるので忍耐強く食生活に気を使っていくようにしてください。