同じようで全く違う!由来別セラミドの効能について

お肌のキレイな女性

植物から抽出できるセラミドは、「植物性セラミド」という表記や「コメヌカスフィンゴ糖物質」というような表記で化粧品のパッケージに記載されています。

植物性のセラミドの原料となっているのはトウモロコシヤお米、こんにゃく、大豆、ゆずなどが挙げられます。とうもろこしのセラミドはとうもろこし1本から少ししか抽出することができないのでとっても貴重とされています。

こんにゃくから抽出されるセラミドはお米のセラミドよりも保湿力が高いとされています。さらに抽出しやすいので近年多くの化粧品でこんにゃく由来のセラミドが使われるようになっています。

大豆セラミドはメラニンの生成をブロックする作用や、コラーゲンを増やすのを促進させる作用もあるので、アンチエイジングコスメには欠かせない素材となっています。

お米のセラミドは日本人の肌に合っていると言われていて、米油にも含まれているので、美容オイルでお肌をケアしたいという人はライスオイルを使うとセラミドも補給できます。

動物性セラミドというと牛から抽出したものが歴史的ですが、狂牛病の発生で牛のセラミドが使われることがなくなり、現在は馬から抽出されるものが化粧品で多く使われている動物性のセラミドになっています。

顔や体の保湿に使われている馬油にもセラミドが含まれています。動物由来のセラミドはお肌に浸透しやすいと言われています。

そのため肌にしっかりとセラミドを浸透させたい場合は動物由来のほうが良いと言われているのですが、動物由来のセラミドは値段が高いので、たっぷりと使うのが難しいのも現状です。

高級な製品は継続して使うのは大変ですので、動物由来のセラミドを配合しつつ、他の保湿成分も配合されているものを選ぶことでより保湿効果の期待もできると言えます。

動物由来のセラミドの場合、浸透性は高いですが不純物が混ざりやすいという欠点もあるとされていますので動物性のセラミドを選ぶ場合は製造工程についてもチェックして購入しましょう。

■セラミドは保湿に抜群の効果

細胞間脂質というお肌の角質の中に存在している部分を構成している成分の1つがセラミドです。

セラミドは水分を逃さないように他の成分とサンドイッチのような形で存在していて、この構造がラメラ構造と言われています。水分を挟み込んでいるので逃しにくく、しっかりとお肌を保湿してくれます。

セラミドが足りていない場合、肌は乾燥します。トラブルを起こしてしまうのもセラミドが不足しているからと言われていますので、セラミドを増やすことは大切です。

セラミドは外から受ける刺激をブロックしてくれる働きがあるので、肌荒れしやすい人はこのセラミドをしっかりと肌に増やすことが必要です。

お肌のターンオーバーが正常だとセラミドもしっかりと作られますが、ターンオーバーが乱れているとセラミドは作られません。セラミドと肌のターンオーバーには密接な関わりがあります。

ターンオーバーを整えるためには規則正しい生活や、バランスの良い食生活などが大切なので心がけましょう。

セラミドについては以下のサイトでも詳しく解説しています。比較的初心者向けの内容ですので基礎的知識を抑えたい方の役に立つのではと思います。

セラミド化粧水ビギナーズ|しっかり選ぶためのカギはココ!

乾燥肌の化粧水選び|失敗しないためのポイントは

レクチャーする女性

乾燥が進行してしまった肌というのはバリア機能が低下しており、深刻なダメージを受けている状態です。

非常に敏感になってしまっているため、化粧水に含まれている添加物の影響を受けやすくなっています。化粧水は洗顔後に頻繁に使用するものですので、少量の添加物であっても大きな刺激になってしまうことがありますので、乾燥肌の場合にはできるだけ成分の優しいものを選ぶことが大切です。

特に気をつけたいのがアルコールやエタノールで、肌につけることで逆に水分を奪ってしまう可能性があります。

また、香料も立派な刺激物です。人工的なものは当然ですが、精油や植物由来のものであっても複数の物が使用されていると肌に影響が出ることがあります。

さらに、昨今美白効果やニキビの炎症を抑える効果があるとして多くの化粧水に配合されているビタミンC誘導体も、皮脂の抑制作用によって乾燥の原因になります。化粧水に色が付いている場合も合成着色料には要注意です。

それらを踏まえて、保湿力が高い化粧水を選ぶ必要があります。

■化粧水の効果を高めるには?

化粧水は基本的には手を使って肌に付けていきます。そのほうが肌に優しく、効率よく浸透させることができるからです。

化粧水を手に取って、まずは手のひらによく馴染ませます。冷たいままの化粧水は毛穴を引き締める効果がありますが、中まで成分を浸透させるためには人肌に温めておいたほうが効果的です。

手に馴染ませて化粧水を温めてから顔全体を包むようにして静かに置いていきます。

強く叩き過ぎないようにパッティングを行っていくと、だんだんと手のひらと肌が吸い付くようになっていきますので、それが浸透していったサインです。頬や額だけではなく、目の周りや鼻なども指の腹を使って優しくプレスをしていき化粧品を馴染ませます。

一度に使用する化粧水の量は500円玉一枚分といった注意書きが添えられることが多いですが、あくまでも目安です。個人個人で適量は異なりますので、特に乾燥している場合には多めに使用してしっかりと浸透させるようにします。

大切なのは、表面だけを潤わせるのではなく、水分不足になってしまってる内部に成分を行き渡らせることです。

肌の様子を見ながら数回に分けて使用し、しっとり感とモチモチ感を感じられるようになるまで重ねづけしていくのがポイントです。

■タイプ別化粧水の選び方

化粧水にはさっぱりタイプやしっとりタイプ、美白タイプといった種類がありますが、さっぱりタイプのものはアルコール分が多かったり、美白タイプのものは刺激になる成分が多数含まれているので、乾燥肌の人は夏場でもしっとりタイプのものを選ぶことが大切です。

その上で肌の水分量を高める効果のあるものを選びます。特にヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンやエラスチンといった成分の配合されているものは保湿力が高く、肌の中から潤う力を取り戻す効果が期待できます。

例えば「アヤナスRCローション」や「ヒフミドエッセンローション」は高い浸透率を誇るヒト型ナノセラミド配合で、肌奥まで水分補給をさせることが可能です。

エイジングケアに特化したスキンケア用品なので、水分保持力を高めることでシワや毛穴などを解消する効果もあります。

化粧水の刺激が気になるというかたには、「キュレル化粧水3リッチ」がおすすめです。敏感肌のためのスキンケア用品なので成分が優しく、乾燥で痛んでしまった肌にも安心して使用することができます。

化粧水は必ずパッチテストを必ず行い、合わなければ無理に使い続けるのを避けます。肌に合っていて気持ちよく使い続けられるものを選ぶことが大切です。